足立としゆき夢だより

足立としゆき夢だより【第66号】をお届けします

カテゴリー: 新着情報 | 足立としゆき夢だより

皆さん、こんにちは。
足立としゆきです。

1月20日に始まりました第193回国会において、冒頭に平成28年度第三次補正予算を審議し、1月31日に参議院本会議で可決、成立させました。岩手・北海道の洪水被害からの復旧を中心とした工事等を中心にこれから執行となりますが、よろしくお願いいたします。
引き続き、衆議院で平成29年度当初予算の審議に入っていますが、早期成立が今後の景気対策に直結しますので、参議院でも全力で取り組みたいと考えています。

一方、皆さんからご要望の強い設計労務単価の引き上げですが、皆様ご承知の通り公共工事設計労務単価技術者単価が、3月1日から引き上げられることになりました。設計労務単価が平均で前年度比3.4%、調査設計業務などの技術者単価が平均で前年度比3.1%引き上げられることとなります。今回の改訂によって、ピーク時に比較して設計労務単価は約95%、技術者単価は96%の水準まで回復したとの報道もありました。
なお、設計労務単価はここ数年は2月1日付けで引き上げられていましたので、今年は上がらないのではないかとご心配の方々もたくさんおられたと思いますが、ご安心いただけたのではないかと思います。

また、2月9日には、急遽出張でハワイのホノルル市に行って来ました。愛媛県立宇和島水産高校の実習船えひめ丸が、アメリカの原子力潜水艦に衝突され沈没し、学生4人、教官2名、乗務員3名が犠牲になった平成13年の事故の十七回忌の追悼式典に出席するためです。
追悼式典は、昨年12月26日に安倍総理が訪問されたえひめ丸の慰霊碑のあるホノルル市のカカアコ臨海公園で行われ、ご遺族の他、中村愛媛県知事、加戸前愛媛県知事、石橋宇和島市長や宇和島水産高校の学生などが出席されました。
自由民主党からは、当時外務政務官として対応に当たられた望月義夫衆議院議員が出席され、参議院からは四国地方整備局長として愛媛県や宇和島市にもお世話になった私が出席させていただきました。
大変痛ましい事故ではありましたが、ハワイの皆さんの温かいご支援で、ハワイと愛媛県の新たな関係が生まれており、とても心強く感じました。なお、現地滞在時間は22時間の弾丸トラベルでした。

さて、最近の動向をお知らせします。

まず、国会関係では、冒頭に紹介した通り1月30日、31日に参議院の予算委員会が開催され応援で出席するとともに、31日に本会議が開かれ、平成28年度第三次補正予算を可決成立させました。

自民党関係では、国土交通部会、憲法改正推進本部、金融調査会の若手勉強会、安全保障調査会・国防部会合同勉強会、私が国土交通省の技監の時にも推進していた海外インフラ輸出を推進する議員連盟などに出席させていただくとともに、参議院の同期で構成する「二八会」の勉強会に出席しました。また、毎週木曜日に開催される宏池会の例会にも出席しました。

都内の催しでは、2月3日に西松建設の関連会社の総会に出席しご挨拶をさせていただきました。また、京都の魅力を内外に発信する京都市長主催の「京あるきin東京2017」というレセプションに参加しました。5日には、築地本願寺で執り行われた宏池会座長の林芳正参議院議員のご尊父、林義郎元財務大臣の密葬に参列いたしました。
8日には中堅ゼネコンの国土交通省OBの皆様で構成される「中堅建設業経営問題研究会」から要望を伺うとともに、福岡市の自民党市議の皆様の勉強会に出席しご挨拶をさせていただきました。また昭和63年当時国土庁水資源部で勤務した際の先輩・同僚との会合に出席し、ご挨拶をさせていただきました。9日には、東日本大震災復興特別委員の懇談会が、桜井充委員長にお招きをいただき参議院議長公邸で開催され、出席させていただきました。

一方、地方にも引き続き伺っており、2月1日、2日に浦添市長選挙の応援のため沖縄県に伺い、建設関連団体の会合に松本哲治現浦添市長や宮崎政久衆議院議員、佐藤信秋参議院議員とともに出席し、応援演説をさせていただき、建設関連団体やトラック関連団体などへ協力の要請をしました。おかげさまで、2月12日に松本現市長が再選されました。ありがとうございました。

4日には、長野県伊那市で開催された長野県建設業協会伊那支部の新年会に宮下一郎衆議院議員とともに出席し、ご挨拶をさせていただきました。13日、14日は、何度か延期になってご迷惑をおかけしていた念願の長崎県の対馬、壱岐に伺い、建設関連団体の皆様に御礼のご挨拶と国政報告をさせていただきました。両島では、国境離島の「住んで守る」という考え方を踏まえ、港湾・空港や道路ネットワークの充実の必要性を強く感じました。

今後とも引き続き、国会活動をはじめ頑張って参りますので、皆様にはご支援のほどよろしくお願いいたします。

●平成29年3月から適用する公共工事設計労務単価について

 ●平成29年度設計業務委託等技術者単価について

 

Top