足立としゆき夢だより

足立としゆき夢だより【第7号】をお届けします

カテゴリー: 新着情報 | 足立としゆき夢だより

皆さん、こんにちは。

足立としゆきです。

今年は、御用始めが1月4日月曜日で、その日から通常国会が始まり、年始からフル稼動でご活躍の皆さんもたくさんいらっしゃったのではないかと思います。ご苦労様です。

さて、先週は東京では様々な機関の賀詞交換会や新年会が毎日のように開かれました。私も、お声掛けをいただき10カ所ほど、日頃お世話になっている皆さんに新年のご挨拶に参りました。そこでは、たくさんの皆さんに「元気そうでよかったな」「頑張れよ」などとお声をかけていただきました。ありがとうございました。

また、東京を離れ、6日に京都府建産連の賀詞交換会で京都市に、7日に茨城県測量設計業協会など4団体の講演会で水戸市に、8日に栃木県建産連の賀詞交換会で宇都宮市に、9日には自民党和歌山県連の年賀会で和歌山市に伺いました。各地とも、驚くほどたくさんの参加者がおられ、明るくエネルギッシュなムードで新年を迎えることができたと感じました。

なお、9日にお伺いした和歌山市は私の出身地の一つです。年賀の会のあとの時間を見つけて、通っていた日進中学校を訪れました。校舎は私が通っていた頃の木造から鉄筋コンクリート造りにかわっていましたが、背後の森やグランドの雰囲気などに昔のイメージが残っており、大変懐かしい思いがしました。

ところで、和歌山の行き帰りに見た富士山の雪が、お正月の時に比べて大変少なくなってしまっており気になりました。暖冬の影響か、はたまた本格的な温暖化の影響か、思わず心配してしまうほどの状況でした。皆さんも、ぜひ、富士山の雪に注目していただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

平成28111日記

 

Top