建設トピックス

佐藤 のぶあきHP

3月に納期が集中する調査設計業務委託対象 履行期限の平準化進める

国土交通省は、3月に納期が集中する調査設計業務委託を対象に、履行期限の平準化をさらに進めることを発表しました。「発注者責任を果たすための今後の建設生産・管理システムのあり方に関する懇談会」の「業務・マネジメント部会」で示されたもので、翌年度への繰り越し制度、国庫債務負担行為の効果的活用によって履行期限の平準化を進め、合わせて金曜日に仕事の依頼を行う行為や月曜日に仕事の期限を設定する行為を禁止する「ウィークリースタンス」を推進し、働き方改革の実現を目指すこととしています。
本年6月に成立した働き方改革の関連で、建設業とは異なり時間外労働の上限規制の適用に「5年」の猶予が認められていない建設コンサルタントや測量設計業などに働き方改革が浸透していくよう、私としてもしっかり支援して行きたいと思います。

Top