青森県 8月の豪雨で被災した現地視察調査-3

9月7日(水)、続いて、岩木川に架かる新鳴瀬橋で、今回の出水の状況について山田青森河川国道事務所長から説明を受けました。また、津軽ダムや浅瀬石川ダムの効果について槙田岩木川ダム統合管理事務所長から説明をいただきました。
一方、建設業協会中引支部の三上支部長、南副支部長から大型土のう作成・設置など、地元の建設業の皆さんの応急工事の状況についてご説明をいただきました。
次に、岩木川の川幅を広げるために引堤を行っている鶴田地区の整備状況と、架け替えた保安橋の工事の状況について、山田青森河川国道事務所長からご説明をいただきました。
終日、ご同行いただきました青森県建設業協会の鹿内会長、福士専務理事、そして各地でご説明いただきました皆様に感謝を申し上げます。