岐阜県 国道41号の道路の一部が流失した下呂市萩原町花池の被災現場調査

9月1日(水)、続いて、増水した飛騨川沿いの国道41号の道路の一部が流失した下呂市萩原町花池の被災現場に伺いました。現地では、下呂建設業協会の島理事長、今井、金子副理事長、今井県議、下呂市の田口副市長、一木市議会議議長にもご参加いただき、国土交通省高山国道事務所の栗山所長からご説明をいただきました。
現場は、護岸や歩道が約100メートルにわたり崩落し、車道の一部が流されていました。一時、全面通行止めとなっていましたが、現在は片側交互通行で通行可能となっています。
応急復旧にあたっていただいた日産工業の熊崎土木工務部長から6日間24時間体制で工事を行った現場の声をお聞かせいただきました。現場で頑張っていただいた地域の守り手である建設産業の皆さんに感謝したいと思います。