足立としゆき夢だより

佐藤 のぶあきHP

足立としゆき夢だより【第84号】をお届けします

カテゴリー: 都道府県

皆さん、こんにちは。
足立としゆきです。

衆議院議員選挙、誠にありがとうございました。
皆様にお力をいただき、一部で残念な結果もありましたが、各地で接戦を制して、何とかいい結果が残せたのではないかと思っています。

おかげさまで、自民党単独で284議席を確保し、いわゆる絶対安定多数261を大きく上回る結果となりました。また、自公では313議席となり、定数の2/3の310議席を上回りました。本当にありがとうございました。

私も、解散翌日の9月29日から23日間、全国の応援に回らせていただきました。その間、飛行機や新幹線、在来線、車など合計して約2万2500kmの移動を記録しました。地球約半周。1日約1000km。私自身の選挙では、1年2カ月で20万km移動しましたが、それより濃密な日々でした。

今回の選挙では、建設分野の皆さん、とりわけ地方の建設業をはじめ建設関連産業の皆さんに、大きな力を発揮していただいたと確信しています。
今後、皆さんが期待している補正予算の確保に向け、今回当選された先生方や、佐藤信秋参議院議員とともに全力で頑張ってまいりますので、引き続き、ご支援、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

ところで、この間、超大型の台風21号が、10月23日に静岡県御前崎市付近に上陸し、全国的に大きな被害を生じました。建設分野の皆様には、選挙の一方、防災対応に頑張っていただき、また、現在も引き続き応急復旧にご尽力いただいております。心から感謝申し上げます。
さて、この1週間の私の活動について、お知らせいたします。

10月16日、長野県飯田市に伺い、衆議院長野5区の宮下一郎前衆議院議員の決起大会に参加し、応援のご挨拶をさせていただきました。会場には、建設関係の皆様にたくさんお集まりいただき、熱のこもった大会になりました。
私は平成23年7月から1年2ヶ月、中部地方整備局長として勤務し、この伊那谷地域の道路整備や河川整備、土砂災害対策を担当いたしました。宮下先生にはその当時から大変お世話になりました。

なお、決起大会に先立ち、長野県建設業協会飯田支部の幹部の皆様と地域の課題について意見交換をさせていただきました。皆さんからは、大型補正予算への期待の声が多く聞こえました。

10月17日、私が中学、高校時代を過ごした和歌山市内の衆議院和歌山1区の門博文前衆議院議員の選挙事務所に伺い、集まった建設関連団体の皆さんに、門先生から決意のご挨拶をいただきました。続いて、私から応援のご挨拶をさせていただき、最後のがんばろーコールには、先生の奥様に参加していただきました。

続いて、今年8月に御所南〜五条北区間が開通し、和歌山市から奈良県南部まで直結した京奈和自動車道で移動し、奈良県橿原市の衆議院奈良3区の田野瀬太道前衆議院議員、大阪府富田林市の大阪15区の竹本直一前衆議院議員、大阪市阿倍野区の大阪2区の左藤章前衆議院議員の選挙事務所に伺い、事務所の皆さんや、集まった建設分野の皆様に応援のご挨拶をさせていただきました。
竹本先生は、街頭演説の合間に事務所に戻っておられ、お会いすることができました。

引き続き、夕方に京都府京田辺市で京都府南部建設協議会が開催した衆議院京都6区の安藤裕前衆議院議員の決起大会に参加しました。
大会には、建設業界から300人近い皆さんが出席して、盛大に開催され、石井京田辺市長、汐見井出町長の激励のご挨拶に引き続き、私から応援のご挨拶をさせていただきました。最後に安藤先生から、決意のご挨拶をいただき、熱気溢れるがんばろーコールで締めくくられました。

10月18日、滋賀県に伺い、衆議院滋賀4区の小寺裕雄候補の近江八幡市の選挙事務所、滋賀2区の上野賢一郎前衆議院議員の長浜市の選挙事務所にそれぞれ伺い、事務所の皆さんや駆け付けていただいた建設分野の皆さんに応援のご挨拶をさせていただきました。
小寺候補は前職の県議会議員の時に、そして上野先生についても、私の参議院議員選挙の際に応援をいただき、また上野先生には国土交通省の政務官としても大変お世話になりました。

引き続き、午後から神戸市に移動し、兵庫県建設業協会神戸支部が主催する衆議院兵庫1区の盛山正仁前衆議院議員の個人演説会に出席いたしました。盛山先生は、国土交通省の先輩であり、宏池会の大先輩でもあります。
演説会には、建設業界から多くの皆さんが出席され、盛大に開催され、私から応援のご挨拶をさせていただいたあと、盛山先生から決意のご挨拶をいただき、熱気溢れるがんばろーコールで締めくくられました。

続いて、神戸市から山陽道・播但道を通って、生野銀山で有名な兵庫県朝来市生野町に伺い、16日公示で22日投開票の朝来市議会議員選挙に立候補されている能見勇八郎前市議会議員の選挙事務所に伺い、激励のご挨拶をさせていただきました。
能見先生は、私の母のふたいとこで、私にとって大切な親戚にあたります。大学も先輩で、昨年の参議院議員選挙の折にも家族ぐるみで大変お世話になりました。先生には、たまたま街宣車で近くを遊説されていましたので、わざわざ戻って来ていただきました。

続いて、私の母が生まれた兵庫県朝来市和田山町に伺い、兵庫県建設業協会但馬地区協議会と但馬地域建設産業振興会の共催による「足立としゆき講演会」を開催していただき、国政報告をさせていただきました。なお、会には急遽、衆議院京都5区の谷公一前衆議院議員に駆け付けていただき、決意のご挨拶をいただきました。

その後、朝来市と養父市で開催された谷先生の個人演説会に参加し、福井から駆け付けて来られた滝波宏文参議院議員とともに応援のご挨拶をさせていただきました。

10月19日早朝、京都5区の谷垣禎一先生の後継者である本田太郎候補の福知山の事務所に激励に伺いました。
事務所には、本田候補の奥様や井上府議、田淵福知山市議が詰めておられ、皆さまと必勝を誓いあいました。

引き続き、京都市内に移動し、京都府建設業協会の若手が主体となって開催した衆議院京都2区の繁本護候補の決起大会に出席し、激励のご挨拶をさせていただきました。
決起大会には、建設業界など300人近い皆さんが出席して盛大に開催され、地元の西田昌司参議院議員に続いて私から激励のご挨拶をさせていただきました。続いて、兵庫5区の谷公一前衆議院議員からご挨拶をいただき、繁本護候補から決意のご挨拶をいただきました。
繁本候補は、国土交通省の後輩で、同じ土木の技術屋です。明るくとても元気な好青年で、民主党政権下で国土交通大臣を務め、ダムや高速道路など大規模公共事業を中止したり、公共事業予算を大幅削減し、建設業界にとても厳しい影響を与えた前原誠司前衆議院議員に果敢に挑戦されました。

続いて、京都から富山経由で岐阜県飛騨市に移動して、岐阜4区の金子俊平候補の飛騨市神岡地区、古川地区の個人演説会に出席し、激励のご挨拶をさせていただきました。
金子俊平候補のお父さん金子一義前衆議院議員は、この選挙区の選出議員で、国土交通大臣も務められました。私自身、中部地方整備局長、本省の局長、技監の際にも公共事業予算の確保などの面で大変お世話になりました。
そんな関係もあって、両会場とも建設分野の皆さんの出席が目立っていました。

10月20日、岐阜県恵那市にある岐阜5区の古屋圭司前衆議院議員の選挙事務所に伺い、小坂恵那市長や多数集まっていただいた建設分野の皆さんに応援のご挨拶をさせていただきました。

続いて、中津川市に移動し、商工会議所の会議室で青山中津川市長など地元の皆さんや、古屋先生の奥様、地元選出の大野泰正参議院議員をはじめとする皆さんとともに、今後、リニア中央新幹線の開通が見込まれる東濃地域の地域整備のあり方について、意見交換を行いました。
その後、商工会議所の大ホールで開催された古屋先生の総決起大会に、地元選出の渡辺猛之参議院議員、大野泰正参議院議員、公明党の新妻秀規参議院議員とともに出席し、応援のご挨拶をさせていただきました。建設分野からもたくさんの皆さんにご出席いただきました。

続いて、岐阜県中津川市から長野県松本市に移動し、長野県建設業協会の松筑支部の建設会館において、長野2区の務台俊介前衆議院議員の個人演説会を開催していただき、務台先生のご挨拶の後、私からも応援のご挨拶をさせていただきました。

続いて、茅野市に移動し、JAの集荷場で長野4区の後藤茂之前衆議院議員の建設分野の総決起大会を開催していただきました。私から応援のご挨拶をさせていただいた後、公共事業予算確保のキーパーソンであり、建設分野にとって欠くことのできない議員である後藤先生から決意のご挨拶をいただきました。

その後、再び松本市内に戻り務台先生の個人演説会に参加して、駆け付けた大家参議院議員とともにご挨拶をさせていただきました。

10月21日、羽田から鹿児島空港に飛んで、鹿児島1区の保岡宏武候補の鹿児島市内の選挙事務所に応援に伺いました。
候補は、品確法の改正など建設分野が大変お世話になったお父さんの保岡興治前衆議院議員の急な引退に伴い出馬された元気で明るい、それでいて折り目正しい若者です。
候補は街宣の途中にわざわざ事務所に戻っていただき、多数集まった建設分野の皆さんに決意のご挨拶をいただきました。

続いて、熊本市に移動し、熊本1区の木原稔前衆議院議員の選挙事務所に応援に伺いました。
私から、多数お集まりいただいた建設分野の皆様に、木原候補には熊本地震の復旧・復興に大変ご努力いただいたことなど、応援の演説をさせていただきました。

続いて、熊本から移動して今回の選挙戦最後の応援の地の長崎を訪れ、長崎1区の冨岡勉前衆議院議員の選挙事務所に応援に伺いました。
選挙事務所には、建設業界の皆さんにたくさんお集まりいただき、私から応援のご挨拶をさせていただきました。続いて、先生の奥様からお願いとお礼のご挨拶をいただきました。

なお、以上の通り23日間議員会館には一度も戻らず、全国を駆け回りました。こうした活動が、実ったところもあれば、残念な結果であったところもありますが、建設分野の皆様の真摯な取り組みが大きな成果につながったものと確信いたしております。

皆さん、ありがとうございました。引き続き、ご支援、ご協力、よろしくお願いいたします。

Top