足立としゆき夢だより

佐藤 のぶあきHP

足立としゆき夢だより【第83号】をお届けします

カテゴリー: 都道府県

皆さん、こんにちは。
足立としゆきです。
今日は10月16日。10月10日に衆議院選挙が公示され、22日の投開票に向け、選挙戦も折り返し点が過ぎました。
厳しい選挙戦であり、全国各地を回らせていただいています。

この1週間の私の活動について、その一端をお知らせさせていただきます。

10月10日は、衆議院選挙の公示日で、朝から衆議院宮城6区の小野寺五典先生の応援で、宮城県の大崎市、栗原市、登米市、気仙沼市に伺いました。
小野寺先生は、防衛大臣を務められており、北朝鮮への対応で東京を離れることができません。短期決戦の選挙を考えると大変なことです。しかし、小野寺先生のようなしっかりした方が東京に常駐しておられるので、安倍総理も遊説に出かけることができるのだと思います。
なお、小野寺先生の代わりに奥様が同行され、私も宏池会の大先輩でもある小野寺先生のため遊説に参加させていただきました。

大崎市の街頭が、小野寺先生の第一声になりました。まず、地元の愛知治郎参議院議員が駆け付けられ応援の演説をされ、次いで私から応援演説をさせていただきました。小野寺先生は、東京から電話で皆さんにメッセージを伝えられ、大いに盛り上がりました。
続いて、栗原市、登米市、気仙沼市の街頭演説にも同行し、唯一の国会議員として応援演説をさせていただきました。いずれも、小野寺先生から電話で皆さんにメッセージが伝えられました。
街頭演説には、建設関連団体からもたくさんの皆さんに参加をしていただきました。ありがとうございました。

なお、気仙沼市では、地元の方々に別途、私への要望会を開催していただき、菅原市長、鈴木前市長、菅沼副市長や熊谷市議会議長、大島を含め地元の皆さんから、三陸沿岸自動車道の早期供用、国道284号の高規格化、唐桑最短道の要望をいただきました。実現に向け、小野寺先生とともに、できるだけ頑張りたいと思います。

続いて、夕方に気仙沼から仙台に移動して、まず、衆議院宮城1区の土井亨先生の応援で、仙台市長町に伺い、街頭演説をさせていただきました。土井先生は、私が国土交通省技監で退官した際の国土交通省の政務官で、大変お世話になりました。
それがご縁で応援に来させていただきましたが、街頭演説の場には、同じ22日投開票の宮城県知事選挙に臨まれる村井知事がお越しになり、土井先生の応援演説をされました。村井知事にも国土交通省の水管理・国土保全局長の際に海岸堤防の復旧の関係で大変お世話になりました。おかげさまで、ほとんどの問題が解決し、整備は順調に進んでいます。ありがとうございました。

引き続き、衆議院宮城3区の西村明宏先生の選挙事務所に伺い、事務所の皆さんに応援のご挨拶をさせていただきました。

10月11日、衆議院静岡2区の井林辰憲先生の応援に、静岡県の焼津市、吉田町、島田市、藤枝市に、伺いました。
井林先生は、大学の同じ土木の20年近く後輩で、建設省・国土交通省の大変優秀な後輩でもありますが、国政の分野では大先輩になります。

さて、この日急遽安倍総理が井林先生の応援に入られることになり、私も日程を調整して午前中の焼津駅前の街頭演説に立ち会わせていただきました。
総理が来られる前に街宣車に上がり紹介をいただきましたが、総理が来られてからは狭い街宣車の上から降りて、下てま応援をさせていただきました。総理は20分を超える熱のこもった演説をされ、引き続き駅のロータリーに集まった聴衆に井林先生とともにハイタッチをして回られました。とてもお元気でしたし、絶大な人気でした。

なお夕方には、井林先生の選挙事務所に伺い、事務所の皆さんに応援のご挨拶をさせていただきました。

10月12日、衆議院議員選挙の応援で福岡県、佐賀県に伺いました。

まず、衆議院福岡2区の古賀篤先生の福岡市内の選挙事務所に伺い、事務所に詰めておられる農林水産大臣、総務庁長官などを歴任された太田誠一元衆議院議員をはじめ事務所の皆さんに、応援のご挨拶をさせていただきました。

次に、衆議院福岡7区の藤丸敏先生の大牟田市内の選挙事務所に伺い、事務所の皆さんに応援のご挨拶をさせていただきました。

なお、その後福岡県建設業協会大牟田支部に伺い、役員会前の貴重な時間をいただき私の参議院選挙へのご支援に対するお礼と、今回の衆議院議員選挙への応援のお願いのご挨拶をさせていただきました。

続いて、佐賀県内に伺い、衆議院佐賀2区の古川康先生の佐賀県武雄市内の選挙事務所に伺い、事務所の皆さんや建設関連団体の皆さんに応援のご挨拶をさせていただきました。

次に、衆議院佐賀1区の岩田和親先生の佐賀市内の事務所に伺い、事務所の皆さんや建設関連産業の皆さんに応援のご挨拶をさせていただきました。

続いて、基山町、鳥栖市で開かれた岩田和親先生の総決起大会に、地元の山下雄平参議院議員等とともに弁士として出席させていただきました。今回の選挙はなかなか厳しい選挙だと言われてますが、岩田和親先生は、真っ赤なTシャツで若々しくエネルギッシュに登場され、喝采を浴びておられました。

10月13日、山梨県選出の森屋宏参議院議員とともに、甲州市、笛吹市、都留市に伺い、建設業協会の各支部の皆さんに、国政報告をさせていただきました。

続いて、大月市から羽田空港経由で徳島市に入り、全国建設業協会の四国ブロック会議後の懇談会に佐藤信秋参議院議員とともに出席し、ご挨拶をさせていただきました。私からは、衆議院議員選挙で全国を回っていて地域の方々から伺っているのは、大型補正を期待しているがそのような話が聞こえてこないことに対する不安の声、野党がこぞって公共事業削減を唱えていることに対する怒りの声、だとお話をさせていただきました。

10月14日、衆議院香川1区の平井たくや先生の応援に、香川県高松市に伺いました。
平井先生は、私が平成21年7月から2年間、四国地方整備局長を務めて以来、大変お世話になっている先生で、宏池会の大先輩でもあります。

この日、ここでも急遽安倍総理が平井先生の応援に入られることになり、私も日程を調整して高松市役所前の街頭演説に立ち会わせていただきました。
総理が来られる前に、街宣車に上がりましたが、大変な人だかりで驚きました。平井先生の熱のこもった決意のご挨拶に大きな歓声が上がりました。
総理が来られた際に、同じ宏池会の磯崎仁彦参議院議員とともにお迎えをさせていただき、がっちり握手をさせていただきました。

なお、街頭演説に先立ち、平井先生の選挙事務所に伺い、事務所の皆さんに応援のご挨拶をさせていただきました。

その後、高松市から岡山経由で京都府福知山市に入り、衆議院京都5区の本田太郎候補の個人演説会に弁士として出席し、応援演説をさせていただきました。

京都5区は、私の実家のある選挙区で、残念ながら事故で引退されることになった谷垣禎一元衆議院議員の後継として公募で選ばれた元府議の本田太郎さんが立候補しています。
京都北部の発展のためは、今後、本田太郎さんと私がタッグを組んで頑張って行かねばならないと考えています。

10月15日、京都市に入り、衆議院京都3区の木村弥生前衆議院議員、京都4区の田中英之前衆議院議員の選挙事務所に伺い、事務所の皆さんに応援のご挨拶をさせていただきました。
私が今回応援に入った選挙区はいずれも激戦とのことです。皆様のご健闘を祈念いたします。

引き続き、皆様にはご支援、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

Top